【備忘録】Zeebraの名スピーチ|風営法改正|これからのクラブカルチャー

DIARY, MUSIC 365days

2013年に発足された「クラブとクラブカルチャーを守る会(CCCC)」。渋谷での清掃だったり、活動の様子はSNSで見かけていましたが、発足からたった3年で風営法改正(ダンスクラブの深夜営業が条件付きで可能になった)に大きく貢献するとはすごい!その経緯がまとめられた記事が昨日公開されており、中でもZeebraさんのスピーチには説得力があり、素晴らしいプレゼンでした。

アンダーグラウンド、マニアック、趣向が分かれやすい事柄について、目の前の人々に説明して、賛同を得ることってすごく難しい。古くからの慣習を変えたり動かすためには、戦略的で前向き、且つオープンなアプローチが大切だなと感じるスピーチでした。クラブやダンスミュージックに興味がない、何がよいのかさっぱり分からないという方含め、広く知ってほしい記事です。

ウィズニュース 「風営法変えた戦略的ロビー活動 Zeebraが語るストリートの思想」(神庭 亮介記者・2016/6/19)

Night Mayor Summit 2016: Zeebra, Shibuya Night Ambassador​

以下、ざっと感じたこと。

◆今回のケースは、クラブ業界外でも起こり得る「文化 対 法律」の折り合いの付け方という点で、貴重な事例になるのかもしれない。

◆日々変化していく「文化」に合わせて「法律」も時に変わっていく必要がある。それができなければ時に文化は生まれながらに死んでしまうこともある。

◆アンダーグラウンドな文化は、アンダーグラウンドのままで良いのかもしれないと思う反面、一般化することによって齎される大きなメリットも多いと思う。例えば、経済効果、二次的な文化が新たに生まれる等。

◆今後クラブのプロモーションは積極的になり、集客のアプローチも多角的になるのでは?他業界や企業とのコラボもしやすくなる?

◆事業者にとっては、プロモーションがしやすくなる一方、今まで以上にクリーンな運営を求められることになる。

東京五輪の開催が追い風になったのかなという印象。五輪が決まっていなくても改正になっていたのだろうか?

子育てと仕事、クラブに行く機会がめっきり減った数年を過ごしてきましたが、自分にとって感性を育ててくれる場所のひとつに変わりありません。海外のように、世代とわず「クラブで踊ることをピュアに楽しむ文化」に貢献できるよう、今後もちょこちょこ足を運びたいです。

Young Marco Boiler Room x Dekmantel Festival DJ Set

WORKS更新 – Lilie(プライベートサロン リーリエ)

DIARY, シゴトにまつわる話

◆Lilie(プライベートサロン リーリエ)様

トータルデザイン ※ロゴを除く、WEBサイト、チラシ、メニュー制作

https://www.white-lilie.com/

5月にオープンしたホットストーンセラピー・フェイシャルエステのプライベートサロン。

Lilieとはドイツ語で「百合」を意味します。やわらかいグリーンとブラウンを基調とし、アットホームで清潔感のあるサロンのイメージを表現しました。

初めてホットストーンセラピーを体験させていただいたのですが、通常のマッサージとは違い、温めた石とオイルを使ってじっくりと身体をほぐしながらのマッサージ。

多くの女性の悩みである「冷え」の改善にも効果的だそうです。初回予約の方のみ、半額になるキャンペーンも実施されています。

lilie

室蘭市測量山 点灯10,000日記念ロゴ採用いただきました

DIARY, シゴトにまつわる話

コンペで提出した記念ロゴを採用いただきました。とても嬉しいです。有難うございます。

 

13010820_1012496888830217_8025327995260915263_n

※パネルの画像は沼田勇也さんよりお借りしました。

 

10000

北海道室蘭市にある測量山。ご存知ない方も多いかもしれませんが、夜になると電波塔がカラフルにライトアップされ、とてもキレイです。こどもの頃夏休みに祖父の家にいっては、夜「この光はなんなんだろう?」と思いながら見ていた記憶があります。決して派手ではないのだけれど、温かみがあり、好きな灯りでした。

 

スクリーンショット 2016-04-16 23.46.03

スクリーンショット 2016-04-16 23.46.40

※画像:測量山オフィシャルサイトより

 

後になって知ったのですが、このライトアップは一般の寄付によって賄われており、28年前から1日も欠かすことなく続けられてきました。そして、先日「10,000日連続点灯」という記念日を迎え、市長をはじめ、ライトアップに尽力されてきた皆さんが集まりお祝いをされたそうです。残念ながら式典に出席することはできませんでしたが、当日ロゴもお披露目いただいたようです。

 

デザインするにあたって地元の方にお話を聞いたところ「工場夜景や白鳥大橋など、室蘭を象徴するものはいくつかあるけれど、測量山の灯りは特別。街を見守ってくれている気持ちになる」とのことでした。そんな風に地元に愛され続けているライトアップを表現できるように、色数を少なくして、夜空に灯りが映えるようにしました。また、当初は「10,000」という数字をモチーフに考えていましたが、今後15,000、20,000…とずっと続いていってほしいという願いをこめて「since 1988」とだけ入れました。

 

寄付金を募るだけでなく、メッセージを預かり、新聞やラジオで紹介するというのも測量山ライトアップならではの特徴です。入学や出産、記念日などの喜び。お別れ、亡くなられた方への悲しみ。日々お世話になっている方への感謝。様々な想いが灯となって毎日灯されているというのはとても素敵だなと感じます。

 

スクリーンショット 2016-04-18 8.50.32

 

点灯の様子はオフィシャルサイト上で毎晩ライブビューで見られるようになったということですので(全国、全世界どこからでも大丈夫!)近いうちに私も寄付をしてメッセージを送りたいとおもいます!

 

写真がとてもキレイな「測量山ライトアップ オフィシャルサイト」
 

ニュース「測量山ライトアップ」連続点灯1万日【室蘭民報 4/15】

WORKS更新 – こども園記念トートバッグ / ECサイトリニューアル / ダンス公演フライヤー

DIARY, シゴトにまつわる話

◆株式会社 ジムニーワークス 様 及び 訓子府町認定こども園「わくわく園」様

「 訓子府町認定こども園『わくわく園』記念トートバッグ(大小サイズ)」 プリントデザイン

北海道訓子府町に新設された「わくわく園」。園の象徴となる遊具を中心に、園名の「わくわく」が伝わるような、遊びココロのあるデザインを心がけました。

花や動物の名前など、11クラスのモチーフをさりげなく入れましたので、子供たちが楽しんで探してくれるとうれしいです。

kunneppu_w

 


 

◆株式会社 ジムニーワークス 様

「キラキラ北海道」ECサイトリニューアル

商品カテゴリーおよび商品数の増加に伴い、デザイン・仕様の変更を行いました。TOP上部にカテゴリー別のバナーを置くことで、自然な流れでカテゴリー説明に誘導。お客様の探しもの、興味のあるアイテムへのマッチングをスムーズにするよう心がけました。

kirakira2


 

◆ダンサー 大島 愛 様

ダンス公演「O Milagre de Fatima Nascimento」フライヤー

聖母マリアを題材にした公演の続編。主人公が独特の世界観にいることを表現できるよう画像エフェクトに力を入れました。水彩画タッチが美しい仕上がりです。

fatima

Movie -「The Martian」「5 Flights Up」

DIARY, MOVIE

2月に見た2本の映画。ふたつとも邦題より原題のほうがイイ。

「オデッセイ」 原題:The Martian

宇宙 ✕ ディスコ ✕ サバイバル
前評でディスコが沢山かかると聞いていなかったら映画館まで見に行っていなかったかも?
アカデミー賞ノミネート7部門のうち受賞ゼロだったのが残念。ちなみに音響編集賞は「マッドマックス」。

2時間超えても飽きずに最後まで楽しめた、大作王道らしい良い作品でした。
どの曲も主人公の気持ちを代弁した絶妙なセレクトで。「Love Train」は学生時代にバイトをしていたGAPの店内でよくかかっていて、それ以来大好きな一曲です。

Thelma Houston – Don’t Leave Me This Way

The O’Jays – Love Train

「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」 原題:5 Flights Up

題名通り、5階がミソの話です。
夫婦が長年住んだブルックリンのアパート。とても素敵な部屋。
パートナーシップや歳の取り方について静かに考えさせてくれる作品でした。
ダイアン・キートンがもう70歳なんて信じられない…美しくて、チャーミング。SATCのミランダ役の女優さんも登場します。
それにしても、NYの不動産、家賃の高いこと…

Van Morrisonの曲がスパイスとしていい味だしてました。

ファイターズ応援大使 ✕ ジモトート in ACT NOW

DIARY, シゴトにまつわる話

北海道日本ハムファイターズの取り組み「北海道179市町村応援大使」「ジモトート」(ジムニーワークス)がコラボし、「選手の缶バッジ付 オリジナルジモトート」の制作を募るプロジェクトが実施されています。

ファイターズ応援大使とジモトートの共通点は「じもとを応援する気持ち」。

北海道発のクラウドファンディングサービス「ACT NOW(アクトナウ)」から3月末まで応募が可能ですので、該当18市町村に縁のある皆さま、ぜひご支援よろしくお願いいたします!

ジモトートデザイナーとしては18市町村すべての制作の決定をモチロン願っていますが、反面、春の嵐のごとく怒涛のスケジュールがやってくることに内心ビクビク。。。

北斗市 今金町 喜茂別町 積丹町 三笠市 北竜町 美瑛町 剣淵町 羽幌町 浜頓別町 利尻富士町 紋別市 訓子府町 苫小牧市 清水町 幕別町 新ひだか町 釧路町

応援よろしくお願いいたします!

【ファイターズ応援大使 ✕ ジモトート】サポーター募集サイト
http://actnow.jp/feature/jimotote

nyuko_fa_jimoto_a4out

世界遺産キュー王立植物園所蔵「イングリッシュガーデン 英国に集う花々」

ART, DIARY

汐留のパナソニックミュージアムで開催中の「イングリッシュガーデン 英国に集う花々」
イギリスにおけるボタニカルアートの歴史が時系列に展示されていて勉強になりました。

スクリーンショット 2016-01-28 12.02.27

IMG_0996

これは「オオカンユリ」(バシリウス・レスラーの委託による 1561-1629)
実寸はかなりの大サイズで迫力満点。

次回ロンドンに行く際はぜったいに訪れたいキューガーデン(世界遺産の王立植物園)に所蔵されている多数の植物画の他、植物のデザインが施された工芸品を見ることができました。

★なるほどポイント

・ボタニカルアートの始まりはルネサンス期

イングリッシュガーデン(英国式庭園)の植物の多くは、大航海時代以来、その新奇な美しさに魅せられたヨーロッパの人々の命を掛けた冒険と探求の結晶として集められたもの。

・植物画(忠実な描写)がさかんに描かれるようになり、その後は調度品や服飾品のデザインにも取り入れられるようになっていった。

・ウェッジウッドの創設者は「種の起源」のチャールズ・ダーウィンの祖父だったということ。両家は親密な関係だった。

もっとじっくり見たくて、本も買ってしまった。

IMG_0997キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン―英国に集う花々(大型本)
スチュアート デュラント (著), 大場 秀章 (著), クリストファー ミルズ (著), Stuart Durant (原著)

特に鮮やかな南国的な色合いの植物画に惹かれる。。。。
IMG_0999

■公式サイト http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160116/index.html
■会期 2016/1/16(土)~3/21(日)
■時間  10:00~18:00(最終入場は 17:30まで)
■休館日 水曜日
■会場  パナソニック 汐留ミュージアム
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階