WORKS更新

WORKS を更新しました。


◆株式会社 トータル・リスク・ソリューションズ 様

「コーポレイトロゴ・コーポレイトサイトのリニューアル」

TRSコーポレイトサイト: http://www.trsinc.jp/

※仕様:wordpress、レスポンシブデザイン対応

「企業のリスクをトータルで管理する」専門的プロフェッショナル集団のコーポレイトサイトとして相応しい、スマートなデザイン、色遣いを心がけました。

trs

 

◆NPO法人 青葉の樹 様

「チャリティーコンサートのチラシ、ポスター、チケットの制作」

kosetsu0625

◆宮崎県延岡市 おしゃれの店 様

「チラシ、オフィシャルサイトの制作」

おしゃれの店オフィシャルサイト: http://www.oshare-shop.com/

※仕様:レスポンシブデザイン対応

oshare

LUCIANO 2015 JAPAN TOUR in TOKYO

間もなく来日のDJ LUCIANO。今夏はスペインまで追っかけにいきました。
12/19 新木場agehaにて1年ぶり。昨年は夏季休暇中で行けなかったのでとても楽しみです。

来日前になにしているのかなとおもったら、なんとスイスの標高3300mの山でDJ・・
しかもデジタルじゃなくてレコード使ってます。どうやって運んだのでしょうか。いい画ですね❄

12月1月のDJスケジュールを見ると、
香港→日本→タイ→ドバイ→スペイン→イタリア→NY→メキシコ→LA…敏腕商社マンより世界を飛び回ってる。
とても楽しみです。

五輪エンブレム公募 / Olympic Ayres – Say My Name

昨日締め切られた2020五輪エンブレム募集。最終日に応募しました。
→2020五輪エンブレム応募デザイン

公正性を保つために、ロゴ案と展開案の2シートのみ。プラス200字の説明文。展開案はテンプレートも決められていました。
総数14,599件の応募があったそう。なかなかロゴの公募でこれだけの数が集まることはない。さすがオリンピック。

デザインを仕事としている人の中には今回応募を躊躇い迷ったデザイナーも多かったんじゃないかな。
今夏にあった騒動は、多くの人の頭の中からすでに風化されつつあるけれど…
衝撃的な出来事でしたし、「デザイン」という仕事や業界が世の中でどう見られているのか、客観的な視点で考える良い機会となりました。
一方で、裏取りのない曖昧な情報がバイラルメディアで拡散されるスピード、匿名性のうえに成り立つ過度な個人攻撃の恐ろしさに恐怖や憤りも感じました。当時のネット上での現象について「集団分極化(2つの相反する意見が一気に片方に偏ってしまうこと)」と表現している記事は興味深かったです。

そんな中、次点作品を公開した原研哉さんが添えたメッセージに感動しました。今回のコンペをマラソンにたとえ、以下のように結んでいます。

「それがどんなレースになるかは走ってみなければわかりませんが、2020東京五輪の成功に向けて、気持ちを前へとたてなおします」
2020東京五輪エンブレム 第1回設計競技案

あれだけクオリティの高い作品を応募した後に、再度同じテーマで制作に取り組むということにどれだけのパワーが必要?
凡人デザイナーの私でも容易に想像がつきます。
どんな状況でも前向きな気持ちを持って全力を出す。当たり前だけど難しいこと。大事ですね。

エンブレム決定後は、ぜひ応募された方の作品を多数見る機会がほしいですね。ひとつのテーマに対して、年齢や立場の制限なく制作されたデザイン。とても勉強になると思います。

本日の1曲はオリンピックつながりで。Olympic Ayres – Say My Name
オーストラリアのNU DISCO。日本のレーベル Thistime Recordsからリリースしているのですね。サイトがカッコイイ。